時の人
  森田良典会長
   (第19回卒)
  就任挨拶    八高会会長 森田 良典

 会員の皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。この度、池口壽彦会長の後任として八高会の会長の指名を受け、身の引き締まる思いです。東京八高会をはじめ17支部に及ぶ同窓会の組織を持つ八高会、母校勤務の節に皆様方にお世話になったことに応えねばと思い、自分の能力も顧みずお返事をしたようなことです。池口会長時代と変わりませずご支援を賜りますようお願い申し上げます。
さて、地元で開催の親睦総会も10年を経過し、卒業期ごとの幹事による運営は同窓生の縦の繋がりをより親密なものにしてくれました。また、17支部の同窓会も年々充実しており同窓のネットワークが広がっていることを喜んでおります。同窓の縦の連携で、これまで顔見知りであった方とより懇意になり、皆様の日々の生活や仕事が円滑に運ぶようになればと考えています。また、今年度同窓会名簿が新たな会員を迎え5年ぶりに刷新されました。名簿活用で各同窓会が一層活性化され、創立120周年を迎える母校を応援していきたいと思います。今後とも皆様にご支援をいただきますようおい願いを申し上げ就任の挨拶とします。
  

                   着任のご挨拶
                  「はばたけ八高生」      学校長 鳥井 匠巳
 鳥井 匠巳 学校長


 同窓会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素から本校の教育の充実と発展につきまして、ご理解・ご支援を頂いておりますことに心より感謝申し上げます。
 平成27年4月1日付で、県立八鹿高等学校の校長を拝命し着任いたしました。
 私は、本校27回生(昭和50年3月卒業)です。本年、創立120年を迎える歴史と伝統ある母校での勤務に、喜びと責任の重大さを感じています。
 生徒たちは、自己の目標の達成に向け、勉学・部活動・学校行事等に全力で頑張っています。
社会に有為な人材の育成をめざすとともに、地域から愛され、信頼される学校づくりに職員一丸となり取り組みます。
母校のさらなる発展のため、微力ではございますが尽力いたしますので、同窓生の皆様のより一層のご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。