時の人
  森田良典会長
   (第19回卒)
        
                     八高会会長 森田 良典

 新年度がスタートし、但馬の山並みも若葉が映えるころとなりました。八高会員の皆様、いかがお過ごしでしょうか。平素より八高会運営に支援いただきお礼申し上げます。
昨年は高校主催の創立120周年行事(式典)が八鹿文化ホールで盛大に開催されました。母校が刻んできた歴史と伝統に感謝するとともに、今なお「生徒自治」の校風を引き継ぎ凛々しい態度で参加している在校生の姿は喜ばしい限りでした。この3月には「みなかみ遠き谷々」から学びを求めて八鹿高校に入学し、勉学・学校行事と部活動に打ち込んだ純朴な若者たち199名が社会に巣立ちました。後輩たちへのご指導・ご鞭撻をよろしくお願いします。
今年の親睦総会は、卒業期末尾に4と5が付く期生(14・15、24・25、34・35、44・45、54・55)が幹事です。同期会の集まりにも活用してください。母校見学の際は、事務局にご連絡ください。

                   着任のご挨拶
                       学校長 樋口 正和
 樋口 正和 学校長

 八鹿高校同窓会(八高会)の皆さまにおかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平素から、本校の教育の充実・発展にご理解・ご支援をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。
平成29年4月1日付けで、県立八鹿高等学校校長を拝命し、着任いたしました。
 本校は、兵庫県簡易蚕業学校として明治30年(1897年)に創立されてから120年が経過し、本年10月15日に創立120周年記念式典を行います。同窓会の皆さまのご支援・ご協力をいただきながら、盛大に開催したいと計画をしています。
 本校は、3学年とも5クラスとなり、男子276名、女子323名、計599名が在籍しています。生徒一人一人が、校訓「尋師訪友 克己勉励」のもと、目標の実現に向け、勉強や部活動、学校行事等に全力で頑張っています。
 社会に貢献できる人材の育成に努めるとともに、家庭や地域と連携し、信頼される学校づくりに、教職員が心を一つにして取り組みます。
 八鹿高校の更なる発展のため、精一杯、力を尽くしてまいりますので、同窓会の皆さまのより一層のご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。